4⃣ NoveLina サロンワーク,  6⃣ HAYASE BLOG

Image Change ✂ お客様ヘア(21)

季節の変わり目はイメチェンのタイミング

ヘアスタイルをガラッと帰るお客様が増えています💡

コロナ禍でレジャーやエンタメが制限されていたり、リモートワークでオフィスに行く機会が激減したり、PTAや参観日などの機会が無くなったのがその要因みたいですね。


CASE① セピアピンクの丸みショート❀

Befor

うねる癖毛/ロングヘアのお客様

しばらく長い髪を続けてきたけど、この機会にスッキリとしたショートヘアにしたい!

髪型に合わせてヘアカラーも今までとは変えて、新しい自分に生まれ変わります。

それでは断髪式✂

「この指よりも下側を切ってくださいね」と指示して、パツンと断髪・・・。

ここからは後には戻れないので、サクサクと切り進んで行き、ヘアスタイルの雰囲気を見ながらカラーリスト富井がカラーリングをデザインします。


After

仕上がりました✂

レイヤーが控えめで丸みのあるショートヘアと、肌色を綺麗に見せてくれるセピアピンクのコンビネーションです。

  • ボーイッシュにしない
  • クール系 ハード系 は▲
  • 癖毛の扱いがし易い
  • 女性らしさも感じられるショート

ということを条件にやらせていただきました。


CASE② ノーブルな大人ショートボブ 30代/40代にお勧め

Befor

続いては40代のワーママさんのお客様

毛先にデジタルパーマがかかっていますが、地毛はストレートヘア。

長い髪を切って扱いが楽でおしゃれ感のあるヘアスタイルにしたいとのことでした。

BOBベースで切るときは、ちょっとした長さの好みの違いや、襟足の生えている位置、内側に隠れた毛流などをしっかりと事前にチェックします💡

嬉しかったのは「こんな感じにしたい!」と探してくれてた画像の中に、私が7年位前に作ったものが入っていました♪ ボブは時代の流れの変化に強い普遍性のある髪型です。長く愛されるヘアスタイルをネット上に残せているということですね。


After

ここからノーブルな大人ショートボブにチェンジします。

ヘアカラーは前回のカラーが綺麗に残っていたので、根元のリタッチをして、トリートメントで質感を整えました。

髪の毛の生えている量や場所によっての密度の違いで、真っ直ぐなワンレンにした時に「後傾」「後ろ重心」のボブになる場合があります。そうならないように毛の量や丸みの付け方をカットで調整することで、モード過ぎたり主張が強いボブから、その人に馴染んだボブに微調整することが出来ます◎

髪を乾かしてセットする!という時間を短縮して、少しでも生活のクオリティが上がってくれたら嬉しいです。

機能的で素敵なヘアスタイルって、育児に時間を割いている女性には重要ですよね。


7月もこれから後半戦

梅雨明けに向かってパーマのお客様も増えているので、今度はパーマヘアの紹介もしたいと思います。

ではまた(‘ω’)ノ

HAYASE

コメントを残す