日常の出来事

中国 カットセミナー①

哈爾濱(ハルピン)セミナー

美容師の仕事はサロンでお客様の髪をキレイにすることです。

これは絶対にブレない部分ではありますが、自分たちが辛い経験や色々な壁を乗り越えて長年にわたって培ってきた技術を同業の人たちに教えるということも大切な仕事です。

撮影 / ヘアショー / ヘアメイク / 外部講師

こういったサロン外の仕事を経験することで得られるものも沢山あります。

もっと上手く、もっと良い美容師に、もっと魅力的なヘアスタイリストに成長していくためにNOVEでは外部のお仕事も受けるようにしています。

東京は今や、世界でNo.1 と言える美容の街

日本の美容師はレベルが高いと言われています。

昔からそう信じていましたが、そういうのも世界をもっと見ていかないと不確かなものでもあります。

アジアでは最も影響力があり、東京の美容技術は注目を集めていますので、お招き頂いて中国の黒竜江省(北部)にある哈爾濱(ハルピン)という街に単身出向いて、カットデザインのセミナーをやってきました。

ハルピンは巨大な都市
人口約600万人で日本の千葉県と同じくらいの経済都市です。

セミナー会場の隣にある綺麗なホテルのツインルームを取ってくれていて、滞在期間中は快適に過ごすことができました。

受講生の方はけっこう20歳~50歳くらいのオーナースタイリストくらいの方まで幅広く来ていました。

成田空港から春秋航空(LCC)直行便でハルピン空港まで約4h✈

ハルピンはその昔、満州帝国だった所でシベリア鉄道が通っている寒冷地です。

真冬にはマイナス30度の世界になるという((+_+))

私の祖父母が新婚当時、満州に住んでいたので、80年前の事に思いを馳せながらハルピンに入りました。

熱烈歓迎の横断幕w
中国式のおもてなしが随所に垣間見れました

技術のベースはサロンワーク

でもセミナーでは見せる仕事をしないといけません。

中国人美容師の方は日本の技術・デザインに興味があります。

学んだものがイコールでお金に直結しているのがチャイナドリーム☆

2000年頃に文化革命が起こり、富裕層を中心に「身なりをキレイにすることに投資をする」という意識が強くなり、国の規制緩和が行われました。

13億人以上いる人民に対して美容師が少ない!

早く上手くなったら富豪になれる可能性を秘めていますからね。

自分のセミナーでも約3割の受講生は特急電車に乗って2泊3日の泊りで参加してくれていました!なのでとても積極的です。

モデルさんをばっさりとショートカットに切るセミナーで、主催者が用意してくれた女の子たちを容赦なくショートに切っていくデモンストレーションの後に、そこで使ったテクニックをウィッグで実習するという内容を繰り返しました。

中国の美容師に好まれたのは「テクニカル」なヘアスタイル

オシャレでいい感じ!というヘアスタイルよりも、このスタイルはカットが難しそう!上手そう!そう見えるものを求められました。

まだお客様目線でのデザインにはなっていないようです。なので、二日目からはよりテクイカルな部分を中心に見せた所、とても喜んでもらえました。続

続編では実際に切ったモデルさんや、ハルピンでの接待で連れて行ってもらったレストランの様子を載せていきたいと思います。

HAYASE

コメントを残す